LATEST ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
CATEGORIES
OTHERS
SEARCH

スポンサーサイト
- / スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - |
pagetop
どこ行く?何する?夏休み!
ぶらり山形食べ歩き / さくら
どこ行く?何する?夏休み!というお題でしたが、ずっと夏休みニートなので、実感ないんですが。

ありがたや 亭主のボーナス 食べ歩き
そんな感じで。

まずは山形市松波町「旬風」
場所や詳細は「ボートン」同様お教えできないのが残念無念。
何ゆえ高級食材と尾崎豊?!という感じ。やはり、ご予算だけを指定して「あれが食べたい」とか言わず
オヤジさんの出してくださるモノを素直に食す、が宜しいですね。
間違いは無いので普段食べられないから、と食べないのは非常にもったいないし、失礼なんで食べて感動。厳選食材は好き嫌いを超える、ということですね。


次に山形市香澄町?十日町?山形イン付近。
「招き豚」
こちらは一杯飲み屋でお手軽に楽しんでいただける飲み物(アルコール)にありがたや。
おおきに!おおきに!
採算度外視。思わず心配になります。そんなオヤジの聖地的雰囲気。
ここ一件で満足しようという野暮はなさらず梯子酒をなさってくださいな。
レコードジャケットが30〜40代サラリーマンの心の拠所という風情のお店。


帰省した友達と行きたかったのが
米沢市、山大通り「うふCafe」
同級生が開いたお店屋さん(クレープ)でフランスまで修行に行かれたそうで、
旦那様の「トプスヘアー」(米沢・金池ワークマン隣)にも大変お世話になってます。
天然パーマネントにありがたい縮毛矯正。おおきに!おおきに!
お手紙がその場で出せる「お手紙カフェ」という趣向もあるらしかったのですが、
走り足帰省の友人とは行くことが残念ながらいけなかったので来月夫と行く予定。

米沢に帰ったときの定番は
笹野町「そば会館」おそばの前に郷土料理の突き出しがかなりでてくるので、二八蕎麦を堪能するにはザルがやっぱり一番のオススメ。板蕎麦はかなりの大食漢の方だけ注文したほうが宜しいかと。

その帰り道なら冷たいラーメン
烏帽子山八幡宮下り、赤湯郵便局通りを南下「来々軒」水中華は油浮きしないさっぱりながらシッカリ出汁。麺は太い縮れ麺。普通盛でも十分夜までお腹が空かないのはシッカリ出汁としっかり太麺のおかげです。
隠しメニュー・白やきそばはガテン系労働者アンチャンのためのボリュームと塩分。
「かんくらい」(しょっぱいの好き)の大食漢・肉体労働の夏のメニュー。


米沢牛ユッケをお手軽に食べられる焼肉屋
南陽市旧13号線沿い「虎ノ門」

1200円でユッケのどっさりのった「ユッケ丼」はランチタイムオンリー。その日の牛番号がレジ横に証書として張り出されていて安心。
味は・・・語る必要は全くありません。
涙、涙のおおきに!おおきに!です。

そして山形市七日町に繰り出し、八文字屋本店にて
「ああ、この本屋を全部、全部オレのものに出来たら現世の浄土・・・!!」
模倣犯から9年、前畑滋子事件の渦中に・・・!!という上下巻同時発売を泣く泣く諦め、
「弱虫泣き虫諸葛孔明第二部」購入。


そして再び「ボートン」を訪れる。旦那との初めてのランチで二度目の訪問。
メニューが語れないのが残念ながら・・・・
号泣。のランチを頂き、おおきに!!おおきに!!といって連休を締めました。








| comments(0) | - |
pagetop
<< リルケ詩集 。 | main | 楽園 上。 >>
スポンサーサイト
- / スポンサードリンク
| - | - |
pagetop










10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--