LATEST ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
CATEGORIES
OTHERS
SEARCH

スポンサーサイト
- / スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - |
pagetop
今日の記事はあの頃の事。
音楽 / さくら
無罪モラトリアム
無罪モラトリアム
椎名林檎, 亀田“マン・シンタン”誠治師匠, 金原“ハイソサエティー”千恵子御一行, 西川“スウィッチ”進殿下, 森“グリッサンド”俊之本部長, 川村“キリスト”智康係長, 亀田誠治, 鈴木“ケーレン”玲史見切り発車

えー、無罪モラトリアム。

まんまの生活から脱してはいません。
買った当時、外から見れば今よりモラトリアムではなかったかも。
私自身は当時の方が全然モラトリアムだったのだけど。


新しい音楽を聴く機会が減っているのに流行ものが嫌いなヘソの曲がった私がなぜか何のてらいも無く手に取り、即レジしたという
私的には始めてのことでした。

モラトリアム。
すげえ懐かしくも、切ない希少な響き。

今でこそ市民権を得た表現に惹かれたものの中身はもっと凄かった。

すげえ、懐かしい音。
それがこのアルバムでした。

正しい街が好きでよく唄います。
たいていは後悔をしそうな時に車で大熱唱。

それでも此処に来たのは自分だから、正しい街には戻らない。
そんな気分で。

ばってん、なんばゆうちょっと。
少しくらい歪なものの方が完成されるよりずっといい。
嗚呼、ダメな大人。
完成など端から自分に求めてはいないので、それはそれでダメな大人です。私。
| comments(0) | - |
pagetop
<< 今日は夜更かし。 | main | きらきらひかる。 >>
スポンサーサイト
- / スポンサードリンク
| - | - |
pagetop










10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--