LATEST ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
CATEGORIES
OTHERS
SEARCH

スポンサーサイト
- / スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - |
pagetop
ケイゾク。
テレビ / さくら
ケイゾク/映画
ケイゾク/映画

ドラマが結構好きでして。中谷美紀の役がすごいリアルにいますよね。あーゆー人。
シンパシーなのは方向音痴とでかいバッグ(すでにズタ袋に近い)に色んなものを詰め込んでいるところ。渡部篤朗が容赦勘弁無い後ろ頭へのツッコミが好かったので、当時どっちかってーと「踊る・・」よりコッチ派でした。

中谷と渡部の対比が面白く、犯罪に対するまっとうな怒りがあって不健康なのか健康なのかよくわからないテイストが好きでした。

「後は自分で考えなさい」という事なんでしょうね。

監督と渡部篤朗のコンビで「巷説百物語」がドラマ化されたので是非観てみたいのですが、あれってTSUTAYAとかにあるものなんでしょうか?

映画はなんだかなぁ、というラストでなんでもかんでも「心の世界」とか銘うって難解なテイストにしなきゃならない当時の風潮にはやっぱり首を傾げるんですけど。

製作者の意図を酌め、というのはある程度万人共通の幻想に訴えないことには不可能だと思うんですが「オチをつける」というのは製作者の義務みたいなもので、経過だけに凝りまくって「はい、終了」という「造りっぱなしオチ」は余り歓心を寄せがたい気がします。
| comments(0) | - |
pagetop
<< 今日は放置プレイの始末。 | main | 金五郎君日記16・ごあいさつ。 >>
スポンサーサイト
- / スポンサードリンク
| - | - |
pagetop










10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--